な!?平成村

な!?日本平成村の方言あつめてみた

方言
方言とはふるさとを知る文化遺産

方言や訛りは、その地域の土地柄や人柄を、もっとも端的に象徴するものと言えます。

日本平成村にも先人たちが日常生活の中で使いこなし、語り継いだ方言が数多く残っています。

全国共通の標準語に変わっていくなかで、特に若い人ほど使わなくなりつつある方言ですが、「方言」とはふるさとを知る尊い文化遺産です。

貴重な歴史を残していくという意味でも、ここに日本平成村で使われている方言を掲載します。

あいさ
あかへん ダメ、いけない
あすびひ 遊ぶ日
あっちべた あちらがわ
あんき 安心
あんばよう うまく、具合良く
いっしょくた みんな一緒
いんね いいえ
えか いいか、念を押す
おいた やめた
おぞい 質が悪い
おんさった 来た
かぶつ 木の株
きっつい つよい、ひどい
きりばん まな板
きんない 黄色い
きんのう 昨日
げな ~だそうだ
ごくたれ なまけもの
ござる 居る
こそばええ くすぐったい
こっちべた こちらがわ
ごっつおう ごちそう
ごぶれいします お先に失礼します
じん ひと
そうやて 肯定の意、そうやね、だよね
だだくさ 使い方が雑
だちかん(て) あかん、ダメ
ちんびきたい 極く小さい
どうぞこうぞ どうにかこうにか
どかどか めちゃくちゃ熱い
どかみ 熱がこもっていること
な? 確認、はてな?
なまはんちゃくれ 中途半端
ばばい きたない
ひねとる ちょっと年季が入っている
ふすべ 大きめのほくろ
べんこらしい 生意気
へんび へび
ぼう 追う
ままこい まぶしい
まめ 健康、よくはたらく
もーやっこ わけあう
ももた 太もも
ゆうさり 夜、夕方
ゆうだっつぁま
ゆんべ 昨夜
よったいな 取るに足らん

※ここに掲載している方言以外にも、日本平成村で使われている方言は多数あります。ここに掲載した方言は、現在でも「特によく使われている方言」を、聞き取り取材をもとに集めたものです。