鬼が落とした大石

なぜ、こんなところに大きな石がふたつも??
鬼が落とした大石鬼が落とした大石

鬼が落とした大石は、県道58号線の多々羅バス停から、農道へ入った先にあります。この辺りは畑に囲まれているため、「なぜ、こんなところにこんなに大きな石があるのか?」と多くの方が疑問に思うことでしょう。

鬼が落とした大石を訪問する際は、日本平成村の特産品のひとつであるパッションフルーツ畑を通過していきます。夏の収穫の時期には、トロピカルな香りに包まれますよ!

その昔、鬼が腰に付けていた不思議な石
鬼が落とした大石の紙芝居鬼が落とした大石の紙芝居

鬼が落とした大石は、その昔、この地に住んでいた鬼が腰に付けていた不思議な石だそうです。こんなむかし話が伝わっています。

「子どもたちが腹を空かせた大鬼に食べ物を与えた。そのお礼にと、鬼が腰に付けていた石の威力を借りて『御舘野』から『から山』へ飛んで見せた。勢い余って飛びすぎ、腰に付けていた石を落とした」

農道を進んだ先に、鬼が落とした大石が見えてきます
鬼が落とした大石までの農道鬼が落とした大石までの農道

鬼が落とした大石には、専用の駐車場がありません。あたりは畑に囲まれているので、訪問の際は、農家さんの邪魔にならない場所に駐車してください(時期によっては電気柵が張っていることがあります)。

上の写真右側には、パッションフルーツの圃場が広がっています。上の写真は冬に撮影したものですが、収穫の時期(8月ごろ)には、青々と茂ったパッション畑を見ることができますよ。

鬼が落とした大石

住  所:岐阜県関市中之保多々羅(たたら)

アクセス:道の駅平成から県道58号線を車で約10分

ほかの観光情報も見てみる

 

原木しいたけ
特産品日本平成村(関市武儀地域)の特産品を紹介しています。原木しいたけ、椎茸すなっく、パッションフルーツ、玉みそなど、素朴で丁寧そして昔ながらのなつかしさにあふれる特産品をどうぞお楽しみください。...
絶品ウナギ料理
ウナギ料理が食べられるお店日本平成村(関市武儀地域)でウナギ料理が食べられるお店を紹介しています。丸登屋、まねき鮨、まぶちなど、津保川うなぎ街道に名を連ねる名店にぜひぜひお越しください。...